プロフィール

1003470_601204543243435_1197666825_n 大塚 典子

経歴

幼いころから、実家の材木屋で木に親しみ、大工さんに可愛がってもらいながら過ごす。
学校帰りには、工場で大工さんが木のきざみ・カンナがけをしているのを見て、
無理を言ってノミを使い、怒られるような子どもだった。

1992年 近畿大学 理工学部 建築学科 入学

大学3回生の時に、阪神大震災にあう。
殆どの建物が倒壊していた被災地にて、阪神間の建築士の方々や大学のゼミの教授とともに、
全壊・半壊の建築被害状況を調査するボランティアをする。
耐震性能・施工確認の重要性を心から痛感する。

1996年~ 株式会社アルプラン一級建築士事務所

大学卒業後、震災後の神戸市立小学校・幼稚園・震災復興住宅を数多く設計している事務所に入所。
長野県白馬村のリゾート施設併設の木造音楽ホール・神戸市立幼稚園・事務所併設住宅を担当。

有限会社正井建築舎 入社

その後、『暮らし』が見える住宅の設計したいと思い、住環境を考える設計事務所に入所。
山地にお客様と見学し、吟味した木材を使う住宅、自然素材・パッシブデザインの住宅を担当。
家族間の関係性で個室の作り方を変える事、脱衣場~洗濯干し場~タンスまでの洗濯動線の重要性など、
各家庭、個人の細かな趣味趣向で、住宅の平面構成をする面白さを学ぶ。

2004年 いたや木材有限会社 入社

いたや木材有限会社に入社後、知人から住宅リフォームを依頼されたことをきっかけに口コミで広がり、
10年間で、のべ200軒以上の新築工事・リフォーム工事の、設計・現場監督を担当。

2007年 結婚
2011年 出産
2015年  いたや・リビングデザイン建築設計事務所 設立

2016年 いたや木材有限会社 代表取締役 就任

父の死去にともない、いたや木材有限会社を継ぐ。
祖父の代から働いてくださっているスタッフとともに、
現在も、『暮らしやすい家づくり』をモットーに、日々設計・工事の活動をしています。
プライベートでは、子育てに奮闘中。

 

資格

  • 二級建築士(管理建築士)
  • 福祉住環境コーディネーター2級
  • シックハウス診断士
  • 古民家鑑定士
  • 一級家事セラピスト
  • 「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に基づく既存木造住宅の耐震診断・改修講習終了者